バッドテールロゴ
 

ラフウェアの魂

ラフウェア社のご紹介

ラフウェア RUFFWEAR For Dogs On The Go

アメリカ西海岸オレゴン州の中央に位置するベンドに本社を置くラフウェア社は、1994年の発足から犬用アウトドアギアのトップメーカーとしてアメリカのドッググッズマーケットに多大な影響を与え続けてきました。

起伏に富んだドラマチックな自然に恵まれ、アウトドアを楽しむ人口の多い州として知られるオレゴン。多くのオレゴニアンが身近な自然の中でカヤック、カヌー、スキーやロッククライミング、登山などのアウトドアスポーツを日常的に楽しんでいます。ナイキ、コロンビアといった著名なアウトドア、スポーツギアメーカーが発祥し本社を置いていることからも、そのアウトドア文化の成熟・洗練度が分かります。

ラフウェア創始者・現社長のパトリック・クルーズがカリフォルニアの国立公園で友人やその愛犬たちとアウトドアを楽しんでいる最中のこと。

「どうにかしてよ、これ」

愛犬が飲み残した水がまだたっぷりと入ったビニールの袋を両手で持った友人がつぶやいた一言がすべての始まりでした。 犬たちのために重くとも水をたっぷり持ち歩かなければならない。飲み残しを捨てるのはもったいない、でもビニールバッグでは地面に置くこともできない。・・・かといってボトルには戻したくない。

友人のちょっとしたつぶやきがきっかけで携帯用のウォーターボウルの製作を思い立ったパトリックは、その後1年以上の時間を費やしラフウェアの第1号商品となるクエンチャーボウルを完成させました。

子供のころすでに軍用バッグで犬のバックパックを自作するなど、モノを造ることが大好きなパトリック。彼はまた筋金入りのアウトドアマンです。自身の得意分野を活かして ボートのアクセサリーメーカーを既に立ち上げていた彼が犬たちと遊ぶ中で機能性の高いギアの必要性を感じたのは、ごく自然なことだったといえます。

ありそうでなかったシンプルで機能的なボウルはアウトドア関連の展示会で発表されるやいなや各メディアで絶賛され、ラフウェアの名を一挙に知らしめました。

その後もパトリック率いるラフウェアは、「自らが実際に使って納得できるモノを作りたい」という信念に裏打ちされた商品を次々と発表し、犬と一緒にアウトドアを楽しむ世界中のオーナーに愛されるブランドに成長しました。

「犬と人間の絆を深める」がラフウェアののコンセプト。

ラフウェアの商品は、犬連れアウトドアをこよなく愛し自然の美しさも厳しさも知り抜いたスタッフがテストを繰り返したのちに、デザイン・生産されています。
高い機能性とアウトドアトレンドを巧みに取り入れた無駄のないデザインで本国アメリカでも「犬用のアウトドア製品ならラフウェアが一番」という確固たる信頼を得ています。

またラフウェア社は製造には極力リサイクル素材、リサイクル可能な素材を使用する、パッケージングをコンパクトにするなど、自社製品が環境に与えるインパクトを最小限にするための取組みをしています。The Conservation Allianceというアウトドアビジネス関連企業がグループで環境保護に取り組むというユニークな団体にも属し、積極的に活動を展開しています。

(※オリジナル文で無断転載はお断りします。)

犬用のアウトドアギアならラフウェア


2014/4/25



小雪★よしきの「ラフウェア使ってみました。」Vol.13・14



  Vol. 14 ラフウェア K-9 オーバーコート

雪が降り、僕たち人間が寒い寒いと言って表に出たがらない今こそ、犬たちが喜んで遊ぶ季節です。

いくら寒いと言ってもダウンを着込み、毛糸の帽子と手袋さえ着て愛犬と遊んでいると汗をかいちゃいます。
冬は犬たちと遊んだり、キャンプしたりするのに最高の季節です!

っていうか、キャンプ?冬にキャンプ?そう。キャンプです。最高です。

犬は体温も高くて暑がりです。だから普段遊ぶときはクラウド・チェイサーを着させて、キャンプしてテントの中で暖まりたい時こそオーバーコートの出番でしょう。
オーバーコートはゴムバンドを取り入れることで胴の部分の調整幅も大きく、細身の小雪にもぴったりとフィット。体温を逃がさないようになっています。

クエンチャーの水も凍る夜、オーバーコートを着て、足下でぬくぬくと眠っている小雪は最高の湯たんぽがわりです。



湯たんぽちゃん。もとい、小雪ちゃん。
防寒用の犬のコートってナイロンシェルがばりばりしたものもあるけどK-9オーバーコートはしなやかでおさまりがいいんですよ。犬も違和感が少ないと思います。



鼻が冷えちゃった?広い場所でもレッドは目立つのがいいですね。



こんな風に先に行った犬が振り返って自分を確認しているとき、一緒にいることのシヤワセを感じますよね~。
アウトドアで遊ぶことで絆が深まるってホントだろうなあ。



  Vol. 13 ラフウェア クラウドチェイサー



『雲を追う者』というイカした名前を冠するソフトシェルです。

簡単に言うと最大の特徴である透湿性に加えて防風性と撥水性、そして伸縮性があるジャージってところです。(ソフトシェルに対してハードシェルというのもあるんですけど、ハードシェルっていうのは、透湿性は多少犠牲にしても防水性の高い素材で作られているものを指し、合羽に近いものです)

「ジャージで大丈夫?」と思うのは当然ですが、これを使う雪山では雨が降らないことが前提となります。

雪山で、僕自身が雪山で愛用するのはパタゴニアのソフトシェルなんですけど、その理由は涼しいから。
と、なると今度は「雪山で涼しさを求めるなんて…」と思うかもしれませんが、雪山で遊ぶときの基本は「汗をかかないこと、汗をかいたら外に出して乾かすこと」なんです。
常に体温を一定に保ちやすいソフトシェルを選ぶことは、人にとっても暑がりな犬にとっても快適な雪山生活にはかかせません。

そして、犬にとって雪山で服を着たほうが良い理由がもう一つ。
それは「雪玉防止」です。小雪もニセコの山ではクラウド・チェイサーのない部分にはゲンコツくらいの雪玉がいくつもくっついていました。
深い雪で一日遊んでいると毛の長い犬種は体中が雪玉だらけになっちゃうので、少しでも雪の付着を防ぐためにクラウド・チェイサーの着用をオススメします。



大雪の中を走り抜ける小雪とはこれいかに~。
走っとるねー!今回の北海道ではチセヌプリ、ニトヌプリ、アンヌプリ、もう一度チセヌプリと登ったそうです。毎日小雪ちゃんも一緒!



チキンラーメンを食すよしきボスの邪魔はしないよいコの小雪嬢なのであった。
こんな風にクラウドチェイサーとハーネスのレイヤーもかっこいいですよね。重ねても薄手なんで動きづらくないはずです。
よしきさんもリフトするのにハーネスがすごく役に立ったとおっしゃってました。



雪がいっぱいくっついてる・・・ちべたそうです。



ニセコの雪が溶けちゃうぞ、ってな小雪★よしきコンビなのでした。とてもいい旅だったそうですよ。


小雪★よしきの「ラフウェア使ってみました。」Vol. 5~8




  Vol. 8 ウェブマスター・ハーネス



ある日、バッドテールさんから小包が送られてきた。
袋を開けてみる。赤いハーネスが入っている。カッチョエエ。これはカッチョエエ。

名前は『ウェブマスター・ハーネス』という。
どうやら人間用のクライミング・ハーネスを参考に作ったらしい。
作りの良さは一目見ればわかる。
手にとって色々と触ってみる。相変わらず作り込んであるなぁ。
小雪に装着してみると、さすがは女優・小雪。凛々しくも美しく着こなしている。

次の日曜日、三重県にある御在所岳に登山に出かけました。
藤内壁という日本屈指の岩壁がある御在所岳は日帰り登山にはぴったりの場所。近畿、中部に住んでいて、初めての犬連れ登山には最適の山です。
中・小型犬は備え付けのケージに入れればロープウェイにも乗せてくれるから安心です。

登山の時は道幅が狭いので小雪が先導します。
カラーだと引っ張っている小雪が苦しそうだけれど、ハーネスなら心配はありません。
リードを着けるDリングも頑丈で、安心感がありますし、使用中に形が歪んだりしないところからも作りの良さが解ります。

途中で何度か持ち上げないと小雪が登れない場所もありましたが、ハーネスのハンドルを持って持ち上げるとすんなりと持ち上げられます。
普通のハーネスは犬を持ち上げる事を想定していませんが(当たり前ですね)、ウェブマスター・ハーネスはしっかりと考えられています。普通に立っている状態と比べて、頭が胴よりも極端に下がったり上がったりすることなく、自然な形で持ち上がることからも、犬にかかる負担は小さいと思います。実際に小雪は全く嫌がりませんでしたし、持っている僕も安心して使えました。

ゴールデンウィークにはラフティングと雪山のガイドでクライマーでもあり、やはり犬を連れて放浪している友人の「いっとくさん」に見せたところ、絶賛の嵐。
プロもうなずくクオリティーです。もしかしたらラフウェアの最高傑作かも…!



こ、これで初心者向け・・・なんですな。うーん、すごいす。



    Vol. 7 番外編・山スキー満喫!

飛騨白川郷近くの林道に山スキーに行った小雪★よしきコンビから写真が届いたのでご紹介!
よしきさんのスキーと一緒に、雪山を登ったり、走ったりする小雪嬢。

いっつもアウトドアでばんばん遊んでる小雪ちゃんも最後は珍しくヨレヨレだったそう。

よしきさんがスタッフとしてがんばっているアルパイン・リバーガイドのほうでも来季は犬連れスノーシューの企画が持ち上がってるみたいですよ。



なんつーいい景色!



雪山を楽しむコンビは斜面もなんのその。



小雪、大雪を爆走中!よしきさん、かっちょいいです!



  Vol. 6 番外編・奄美大島にて

よしきさんと小雪ちゃんの奄美大島への旅の写真が届きました。 ハプニングも色々あったようですがそれすら楽しめる余裕のよしきさんと、ますますアウトドアガールっぽさの増してきた小雪姫です。



浜辺でターンアップで遊ぶ小雪嬢。
ナイスショット!なかなかこういう写真撮るの難しいんですよね。



「マルタイの棒ラーメンは残念ながら人間の食べ物なのだぞ、小雪・・・」



わっせわっせ。



水もシッポもきれいです。小雪ちゃん楽しかったでしょ?



  Vol. 5 ザ・ビーコン (現行モデル)

モデルチェンジしたビーコン。
コロンとした手榴弾のようなデザインから丸みのついた三角すいになり、前のモデルと比較するとずいぶんでっかくなりました。

デザインに遊び心は無くなったかもしれないんですけど、それによって存在感が格段にアップ。
光り方が3種類になって、出かたもさらに強くなりました。

旧モデルが「ピカピカ」だとすると新型は「ビカビカ!!!」って感じです。
そして旧モデルだとフロートコートやクラウドチェイサーに装着したときに光が見えなくなる角度があったんですけど、それは解消されて、ほぼ全方向から視認できるように。

ビーコンの役割は犬が行方不明にならないようにする事なので、光が強くなった事と視認性が高くなった事はすごく評価できます。

それからカラー等の取り付けに使う部分が実ははずれにくくなりました。
ウチの小雪は札付きのやんちゃ娘です。
遊んでいても旧モデルだとすぐに外れちゃってたのが、新型では二日間山の中を走り回ってもしっかりと着いたまま。
これも心強い点です。

最後に旧モデルはカバーに対して本体をねじ込むことによって点灯する方式だったのが、ボタン式になったのも好感触。
これによって「どこまでねじ込めばいいんだろう…」というちょっとした悩みからも解放されました。

ビーコンのモデルチェンジは僕にとっては大成功ですね。



クリップでもリングでもカラーに装着できます。



ラフウエア フィッティングラボ


アウトドア用のウェアは機能をめいっぱい活用するためにもベストフィットの一枚を選びたいもの。でもオンラインでは試着ができないのがイタ~イところ。
こちらのフィッティングラボではラフウェアのコート類をご購入いただいたお客様のワンコの写真とデータをご紹介し、ご購入検討中のお客様のサイズ選びのサポートをします。

お客様のデータ大募集!!
投稿してくださった方全員にお礼に当店販売のマグネットを プレゼントします。 応募に関しての詳細はこちら。


Vol. 23 個性的な大型ミックスのvinoくん。スワンプクーラーMサイズです。
バーニーズとロングワイマラナーのミックスのvinoくん。一見するとフラットにも見えるよな・・・個性的で素敵です!体型的にはワイマが強く出ているのかな?
バーニーズやワイマラナーはLになることが圧倒的に多いのですが、vinoくんはシュッとした感じでMでちょうどいいようです。

ミックス犬は親犬のサイズが違う場合は成犬になるまで体格の特長がつかみづらい場合も多いですね。
よく1歳未満のコのウェアのサイズのご相談をいただくのですが、フロートコートやパック類などは体格が定まる時期まで待ってのご購入がお勧めです。
一度ご購入になればハードユーザー以外は一生涯使える品質ですし高額ですからすぐ使えなくなるのはあまりにももったいない。
特にミックスのコたちには体型を見極められる時期にしっかり各パーツを測ってご購入くださいね。

■vino ♀ ミックス(バーニーズ×ワイマ)
2012/6/7生まれ
胸囲:74cm
体長:65cm
体重:29kg

vino母さんの感想
●スワンプクーラー M
横のアジャスターでピッタリとフィットさせることができるため、遊び回ってもそうズレたりすることはありません。暑い時期の旅行やお出掛けの強い味方です!大体1時間弱位でリチャージしてるかなぁ…コートが黒なので、着るだけでもかなりマシなのではないかと思ってます。







Vol. 22 バーニーズ・オーナーの参考になります。アンジェリーナちゃんはLサイズ。
久々にバーニーズ・マウンテン・ドッグが登場。
アンジェリーナちゃんはイエローのLサイズがぴったりです。

バーニーズはLかXLになる場合が多いのですが目安として40kgぐらいまではLでいいんでないかな。(もちろんしっかり採寸の上でご検討を)皆さん普通のウェアよりだいぶ短めになるとご不安みたいですが、体の半分ぐらいまであれば大丈夫ですよ。

あとで気が付きましたがアンジェリーナちゃんは当店のGR・トノとサイズも体重も同じぐらい。以前のバージョンのXLを使っていましたがトノも今のバージョンならLでいいんだろな。
■アンジェリーナ バーニーズ・マウンテン・ドッグ ♀  
2011/6/16生まれ
胸囲:80cm
体長:72cm
体重:35kg

アンジーママさんの感想
●K-9フロートコート L
バーニーズには丈が短いかなと心配でしたが以前使っていたものより泳ぎがスムーズになっていました。





Vol. 21 新しいスワンプクーラーはフレブルの体型にもうまくフィット。はなちゃんXS。
以前にも登場してくれたフレブルのはなちゃん in 新しいスワンプクーラーです。
こうやって見ると型に余裕が出来て特に首のあたりが以前のバージョンよりゆったりしているせいかすごくフィットしてます。
フレブルちゃんなどのバレル体型のほうが今度の型は断然合うみたいです。
新しいバージョンは首の開きがすごく大きくなったのでほっそりした首の犬種(イタグレとかサルーキとか)には逆に合いづらくなったというか、大き過ぎちゃうことが多いみたいです。
前にも書きましたがこういうコートは縫製に負荷がかかるわけではないのである程度はカスタマイズしても大丈夫。
密着しないところは縫ってしまうのもお勧めです。手先が器用なご友人に頼んで縫い縮めたなんてお話もよく聞きますよ。

フレブルのような犬種には暑い季節はホント辛いですよね。オーナーさんたちも早朝(人によっては夜明け前とか!)に歩いたり、戦々恐々。かなり注意されてます。
心配だもんね。夏は早朝でも太陽はぎらぎらっとしてますから是非スワンプクーラーでちょっとでもひんやりさせてあげてくださいね。

■はな フレンチブルドッグ ♀
2008/4/16生まれ
首:32cm
胸囲:54cm
体長:32cm
体重:8.7kg

はな親方さんの感想
●スワンプクーラー XS
夏場犬も人間も冷涼ですごしやすい地方に住んでおりますが、それでも暑い日はあります。
サイズも丁度よしで、これ着せるとハァハァと舌出してするパンティングが減少するので確実に体温を下げる効果あると思います。
暑い地方に住んでるワンコ達の飼い主さんに是非買って着せてあげてと言いたいくらいおすすめです。







Vol. 20 K-9フロートコート、ひまわりちゃんはXS。ジャックのサイズ選びはXXSかXSか悩みどころ?
ジャックラッセルテリアのひまわりちゃんはとっても元気な8歳の女のコ。
以前のビッグエディもご愛用でしたが2012年にリニューアルされたバージョンに買い替えられてオーナーさんにも大変満足していただいているとのこと。

コメントにもありますが、今のバージョンになってフロントに余裕ができたのはいいのですが、ジャックのオーナーさんからサイズでご相談があるとXXSか、XSかで相当迷うようになってしまったところ、正直あります。
以前のバージョンでは迷うことなくXSをお勧めしていた6kgぐらいのコにも今はXXSをお勧めすることもあるんですね。
今はジャックでいうと6割はXSぐらいでしょうか。選ぶには胸幅がもちろん基準ですが・・・ひまわりちゃんのデータでぜひご検討の参考にしてくださいね。
彼女より小さい場合はXXSのほうがいい場合もあるということです。

ちなみに犬種でサイズをお問い合わせになるお客様がいらっしゃいますが、犬種は参考にはなっても最終的にはメジャーでしっかり採寸していただくしかないんです。
面倒ですがしゃーないです。迷われたら検討はとことんおつきあいしますので!
小さい犬種のメリットは必要なときはハンドルを使って犬をリフトできることです。
基本的にラフウェアのハーネスやパック、フロートコートのハンドルはあくまで犬自身の動きを補助するものです。
リフティングで完全に引き上げることは縫製に負担がかかるのでNG。
中型~大型犬はご注意ください。でもXXSが合うような小型犬なら一瞬持ち上げる→抱っこするなんて使い方は問題ないと思います。(といってもあんまり頻繁にやるのはやっぱり縫製への負荷になりますのでやめたほうがいいんです)ちっちゃなコたちは水場でいろいろ心配になっちゃうときも多いと思うのでうまく活用して下さいね。

■ひまわり ジャックラッセルテリア ♀
2004/8/26生まれ
胸囲:48cm
体長:40cm(前脚延長背骨よりしっぽ付け根まで)
体重:7.5kg

himawarimammさんの感想
●K-9フロートコート XS
K9フロートコートのサイズはXSです。前バージョンのビッグエディもXSでした。フィット感は本当にジャストサイズ!、です。
到着した状態のミニマムサイズからなにも調整せずで丁度よかったので、ひまわりの体格がXSサイズに対応するミニマムサイズ、と言えると思われます。
ビッグエディ時代はおなか部分のパネル長さが足りず、一部テープのみの状態になってましたが、新K9フロートコートはパネルでしっかり全面覆われます。
マイナス面は一切ありませんが、初めてひまわりを泳がせた際、多少ジタバタする感じがあったので、ビッグエディと浮き具合が多少違うのかもしれません。
すぐ慣れてくれたので、ちょっとした違いかもしれません。

前脚付根部の開きも大きくなっているので、とても動きやすそうです。ビッグエディは使い過ぎで?かどうか解りませんが、ひまわりの前脚上部ワキ上くらいの所にくるコートの折れ曲がり縫製部分のナイロン糸が硬化して長時間使用すると擦れてきて血が出てきてしまった事があったので、ウエットスーツ的な役割をするお洋服を着せて着用させていました。よって、モデルチェンジのタイミングとしては良かったんじゃないかな、と思ってます☆

ひまわりちゃん






Vol.11~Vol.19はこちら!
Vol.1~10はこちら!

小雪★よしきの「ラフウェア使ってみました。」Vol.15



  Vol. 15 ビッグエディ フロートコート


四万十川に続く階段は水による長年の浸食で下の5,6段が壊れている。

川に降りようと階段を駆け下りてきた小雪は壊れた階段に立ち止まり、キュウキュウいいながら戸惑っている。

すでに岸に降りていた僕は階段に近づき、腰よりも高い位置でシッポを振る小雪が着るビッグエディのハンドルに手を掛け、持ち上げて足下に降ろす。

「そのハンドル、めっちゃ使えますねぇ。(関西弁)」と、スーパーパドラーのマサ君(なんと20m近い滝をカヤックで跳んだことがある)が声を掛けてくれる。

フロートコートから一層、ハンドルの部分が強化されたビッグエディ。胸の部分もパッドが延長されて、持ち上げた時に犬に係る負担が減りました。裏地の肌触り(?)も良くなり、さらに胸のベルトの余りをベルクロで留める事ができる心遣い。人間用にだってこんなに気を遣ってないのに…。

ラフティングのツアーに参加しているお客さんに「なんで、そんなに値段が高いん?(関西弁)」と聞かれ、お客さんが着ているライフジャケットと比較して説明するとみんな納得。

「人間用のも、もっとエエの買おてや。(関西弁)」と責められましたが、人間用で、このクオリティだと2万円では買えないんです…。



本業のほかにラフティングのガイドもしているよしきさん。小雪ちゃんは素晴らしいアシスタントっぷりです。お客様は犬好きな方揃いで盛り上がったそうですよ。



よしきー、持ってきたよ!

子供もすっごく楽しそう。犬とカヌーに乗ったなんてお友達の羨望の的だね。



隊長の風格漂う背中の小雪嬢・・・慣れたもんだ。



仕事も遊びも全力投球なの!



小雪★よしきの「ラフウェア使ってみました。」Vol.16



  Vol. 16 バークンブーツ・グリップトレックス


小雪は僕の近くで遊んでいるのですが、川にある岩は犬の肉球と相性が悪くてかなり滑るので、一日ガイドした後に足の裏を見ると必ず怪我をしています。

と、なると小雪は次の日は残念なことにお留守番。まあ、お留守番は仕方ないとして、流血有りのけっこうひどい怪我をしていることがあるので痛そうです。

そこで『バークンブーツ・グリップトレックス』を試してみました。

初めのうちは歩きにくそうですが、慣れると同時に滑らないのが解ってきたのか、今まで以上に縦横無尽に駆け回る小雪。十字のパターンを描くビブラムソールは平らな岩面をしっかりと捉え、肉球と比べて、遙かに高いグリップを発揮しています。

心配だった泳ぎもまったく問題なく、履いたままでもばっちり泳げます。一日遊んで、もちろん怪我は無し!熱くなった岩に直接触れることもないのでヤケド防止にもなります。

見た目もカワイくてお客さんの女の子に大ウケ(笑)山好きが多いガイド仲間たちにはビブラムソールが大ウケ(笑)「犬に靴なんて!」と、若干ハスに構えていた自分を大いに反省しました。

川や山で遊ぶときは必携です!ついでに夏の暑い日、熱せられたアスファルトの上を歩かせるときにも使えます!



合ったサイズをきちんと装着していれば泳いでもとれたりしないようですね。案外水場で肉球を怪我することって多いので防止に役立ちます。

でも小雪ちゃんもすぐにブーツに慣れたわけではないのです。犬にとっちゃ、最初は「なんじゃこりゃ?」ってなもんです。ゆっくり慣れさせてあげましょう。楽しいこととブーツが結びつけばいやがらなくなるはず。



とりゃー!ダイブはお手のもの。躊躇の文字は小雪ちゃんの辞書にナシ。




きれいな水でいーっぱい泳いで心地よい疲労感だ。小雪ちゃんの夏は明日も~続く~♪

渓谷にある滝壺に飛び込んだり、泳いだりするキャニオニングという外遊びのガイドにも付いてくる小雪。僕は岩の上を駆け回ってお客さんのサポートをしています。

小雪★よしきの「ラフウェア使ってみました。」Vol.17



  Vol. 17 パリセーズパック


2009年も未だ寒い時期に犬連れバックパッカーのシェルパ斉藤さんが、僕の住む愛知県の知多半島にある知多新四国を愛犬の黒ラブ・サンポと歩く旅の最後に我が家に立ち寄ってくれた際、サンポは11歳の高齢ながらパリセーズパックを装着(サンポはパック装着で初めての旅)していました。

初めて本物を見ることができて、その作りの良さにやっぱり感動。偶然にも斉藤さんは僕の車にパリセーズパックを忘れていったため、斉藤さん宅に郵送する前に小雪に試着させました (笑)

おお!? カッコイイ!!! 予想以上の格好良さ。
う~む、欲しい…。久しぶりに物欲を刺激する逸品だぜ…。
犬に荷物を背負わせる事に若干後ろ向きだった僕は素早く変節して、早速バッドさんに小雪が試着した写真とともにメールする。

犬にパックを背負わせることには大きく分けて二つの意義があると考えます。
一つはもちろん、荷物を持たせること。大量ではなくても、犬用のフードや水を持たせることで、人間の負担は大きく軽減します。

もう一つは出会う人たちに「この犬は旅慣れてます」という無言の主張をできること。
どんな場所でも旅人(旅犬?)はよそ者なので、安心感を与えることは大切です。
話の種としてもパリセーズパックは大活躍しそうです。
今回、紅葉の某山中を歩いているときにすれ違う人たちはみんなパックを背負った小雪を見て「ワンちゃんも頑張ってるねぇ!」と笑顔で声を掛けてくれました。

左右のパックには水を入れられて、いちいちパックから出さなくても使えるようになっています。
犬用の水をザックから出すのって意外と面倒なので助かります。

さらにそのパックはハーネスのベルトの部分にベルクロで留められるようになっていて、小雪が走ってもバタついたりせず、フィット感も良さそうです。
人間用にしろ犬用にしろ、ザックを背負って長時間歩くためには「いかに身体にフィットさせ、ブレにくくするか」ということがなによりも重要ですから、フィット感はとても大切な要素です。
基本構造はウェブ・マスター・ハーネスにパックがバックルで取り付けられていて、そのままでもハーネスとしての機能は損なわれておらず、ハンドルも使えて、さらにパックが簡単に取り外せるのも便利です。

今後の僕の使い分けとして、冬山はウェブ・マスター・ハーネス、春と秋の山歩きにはパリセーズパックということになりそうです。





奥さまと小雪嬢。途中鹿とも遭遇。ヤッホー、元気かい。



もう紅葉してるー。きれいです。



歩くと水がおいしいわな~。
パリセーズはバックルで簡単にサドルバッグだけを外せるので、休憩したり目的地で遊ぶなんて時にハーネス部だけにできるので便利なんです。
チームは今度沖永良部に行く計画だそうですよー。


ラフウェア フィッティングラボ Vol.1~10

Vol. 10 ビッグガイにもXLがあります。Aaron君の場合
昨今は国産の犬用レインコートもサイズが豊富に展開されていて大型犬用にも選択肢が広がっているようですね。
以前は着丈70cm以上のものはあまりなくて、サトーも店を始める前はトノ用に買っては失敗を繰り返し試行錯誤していたものです。

海外には犬用のオールインワンタイプのレインコートって少ないんです。文化の違いもあるのかな。
そういうタイプをお探しなら現在は国産にいいものが多いと思います。着せづらいところは否めませんがやはり体が汚れませんからいいですよね。

オールインタイプはサイズ選びも慎重に!余裕がないとつっぱって大変なことになっちゃうのでご注意です。

大型犬、超大型犬のオーナーさんにとっては着せやすく脱がせすいシンプルなサンシャワーみたいなコートも(カバーが少ない分そりゃ汚れますが)大きな魅力だと思います。
サトー自身は着脱が面倒なコートだとうっとうしい雨の日にサクッと散歩してくるってことが大層な儀式みたいになっちゃっていやなんですよね。

XLは体重~40kgぐらい、胴の長さが70cm台前半ぐらいまでなら大丈夫だと思います。

■Aaron ♂ (ゴールデンレトリバー)
2008年9月12日生
胸囲:87cm
体長:70cm
体重:43kg

オーナー: アロン母さん アロン母さんの感想
ラフフェアサンシャワーは生地もしっかりしていて、雨の日のお散歩前後の何かと忙しい時も着脱が楽チンで気に入ってます。
XLは長さも胸囲も骨太アロンにちょうどよいサイズです。
このフードがなんともキュートで、うまい具合に頭にかかり、生地の厚みも含めうまくつくっているなあと感心してます。

●サンシャワー XL



ほぼ理想的フィット!アロンみたいなガッチリ体型によく合う型です。お腹が細いコは腹側を巻き上げて背中でマジックテープで留めるタイプのコートがいいかもです。ネットで検索してみてね。(by サトー)


●ウェブマスター L (こちらはこれから使う予定だそうです)


ウェブマスターはLがいい感じ。(by サトー)



Vol. 9 海老蔵は現在Lサイズ。まだまだ成長中?
成長中のワンコはサイズ選ぶのも難しいですね。
大体1年で完成度80%、その後小型犬で1歳半、大型で2歳ぐらいまでじわじわ成長することが多いような気がします。

んで、大型の20%というのは数㎏になるので1歳ぐらいでコートなど買うときはちょいと注意が必要です。安くはないですから・・・

あまりギリギリのサイズよりちょっと余裕があるほうがいいのかも。(中学校新入生の制服みたいですね)

でも、こればっかは分かりません!どこまで行くかは神のみぞ知る。親犬、生まれの早い兄弟犬などがいれば予測の参考になるかもしれません。

■海老蔵 ゴールデン・レトリーバー ♂
2009/7/2生まれ
胸囲:72cm
体長:68cm
体重:33kg
首周り:48cm

オーナー:Daibutsuさん

Daibutsuさんの感想
Lでジャストサイズだと思います。柔らかくてフィットするので機嫌良く着てくれました。(ぴったりなのはいいんですが、本人ぐだっちゃってきちんとした姿勢で撮れませんでした。動き回るのでしまいには繋いで撮りました。)

●スワンプクーラー L





ゴールデンらしいしっかりした体格の海老サマ!やっぱ30kg超だとMは無理ですね。イイ感じでおさまってます。(by サトー)



Vol. 8 カリフォルニア生まれのRookie。クラウドチェイサーL、それ以外はMでバッチリフィットです。
埼玉県のRookieはカリフォルニア生まれ。去年オーナーさんと日本に移ってきました。
水陸を問わずオーナーさんとがっつり外遊びを楽しんできたRookieのアイテムをどか~んと一挙にご紹介。



28kgで胸囲80cm、体長も70あるそう。
なかなか男前な体型です。LかMか迷うあたりの数字ですから実際の感想と着用しているRookieの写真、すごーく参考になるはずですよー。

■Rookie ♂ mix
胸囲:80cm 幅は薄いけれど、胸がとても深いサイトハウンド体系
体長:70cm 体重:28kg

オーナー:ROOKIEさん
(以下ROOKIEさんからいただいた各アイテムの使用感です。)
雑種で体格のバランスがレトリーバーや日本犬と全く違うRookieのギア選びは胸囲をいちばんに考えて選んでいます。
●ウェブマスターハーネス M




RUFFWEARでいちばん最初に手にした商品です。
うちの犬は元放棄犬で攻撃性の高い犬でした。
不安を感じると暴れるので、そんな時はリードとウェブマスターハーネスのハンドルをガッチリ掴んでホールドしていました。
ウェブマスターハーネスは使う犬によって細かくサイズ調整できるので、どんな体型の子でも合いやすいと思います。
サーフィンする時も使っています。

●ビッグエディ M



以前使っていた他メーカーのフロートコートは着丈がもっと長く、見た目にはフィットしているように見えたのですが、実際に泳がせてみるとフロートコートのお尻側の方が浮いてしまい、頭側が沈む感じで、泳ぎにくそうでした。

RUFFWEARのコートは着丈が短く、一見小さすぎるように見えるのですが、動きやすく、水中に入った時にバランスが良いようで、こちらにしてから前にもましてガンガン泳ぐようになりました。襟の合わせもMサイズでぴったりです。

●スワンプクーラー M




夏の日のお散歩の必需品です。
クールマックス素材のTシャツ等も試しましたが、20分ほどでカラカラに乾いてしまい、ただのシャツになってしまいます。

短時間なら良いのですが大型犬なので、散歩が20分というわけにはいきません。
スワンプクーラーは2時間くらいは余裕で水分を保ってひんやりしてくれます。帰宅後に脱がすと犬の身体もまだヒンヤリしています。

サンシャワーに比べると大きめに作られているので、ジャストサイズで選んだほうが良さそうです。

●クラウドチェイサー L




これだけLサイズなのは米国滞在中にSALEで残っていたのがLサイズのみだったため。

ぴったりめで着るようにデザインされているため、本来MサイズのRookieが着ても、普段着としてならちょうど良く感じられました。
フィット感がよく、とても動きやすいようです。うちの犬は冬も温暖なロサンゼルス育ちで見た目と裏腹に寒さに弱いので、雪遊びの時には必ず着せています。

たださらさらのパウダースノーのなかで遊ぶと雪が中に入ってしまうと思います。
圧雪されていたり2日目の雪なら問題なく遊べました。

・サンシャワー M




サンシャワーはMサイズだとジャストサイズ。
着丈がもう少し長いほうが濡れないのでLサイズと迷いました。
しかし雨の日でもアクティブに動くので、うちの犬の場合は動きやすいジャストサイズのMで正解でした。

いつもフロートコートを貸してあげている友人の犬(洋服は同サイズ)が試着しようとしたら頭が通らなかったので、ハチの張って子は首周りのサイズをチェックしたほうが良いです。スワンプクーラーに比べると小さめに作られている気がします。

・アプローチパック M



ウェブマスターハーネスのMサイズがぴったりなので、迷わずMサイズ。
パリセーズパックと迷いましたが、アプローチパックの方が一体化されている分バタつきが無く、軽いのでアプローチパックにしました。
もしウェブマスターハーネスを持っていなかったら、パリセーズパックの方を選んだと思います。

Rookieには自分の水、エチケット袋、ロングリード、おやつ、予備のリードを持ってもらっています。他のメーカーのリュックのようにズレないので動きやすそうです。
見た目がちょっとコワモテ系なので、あからさまに避けられたりもしますが、リュックを背負っていると他のハイカーさんも親しみを感じてくれるようで、よく声をかけてくださいます。



Vol. 7 Bad Tail ダルマーさん登場!ジャックはXSが80%?
なかなか投稿が面倒なフィッティング・ラボ。
水遊びシーズン開幕の6月某日、そういや小さいコのデータがもうちょい欲しいなー・・・ん?ウチのダーさんがおるじゃないですか!と気づきました。

てなことで今回は神奈川県 オットTさんの投稿。

ダルはかなりごつい胴、脚はかなり短めで、ジャックと言うより平均的なフレブルに近い体型、胴体部分だけなら小さめのビーグルとも近いサイズです。

サイズの件でフレブルオーナーさんにご相談を頂きサイズを聞くとあーら不思議、ウチのダルとほぼ一緒ですねえなんて会話もよくあるんです。日々の外+室内での運動で(夜もかなり家で運動する)胸の筋肉はかなり発達していてチビ太のくせに胸囲は51cmもあります。

XSがちょうどいい長さなのですが胸が非常に厚いコなのでフロントはぎりぎり留る感じ(マジックテープは5mmぐらいしか重ならないです)、腹側はパネルの間がかなり開きます。
でもちょっぴりきつめでもも泳ぐときに問題になるわけではないですし、Sサイズは明らかに大きすぎるというか丈が長すぎるのでXSで正解ですね。

販売経験からいくとジャックラッセル、フレブルなどの犬種はほぼ80%はXSになります。
XXSは目安として体重2kg~4kgぐらいでないと入りません。また、Sサイズは目安として平均的な体型のボーダーコリーとかポインターなどが合うことが多いんです。

■ダルマー ジャックラッセルテリア ♂
2004年7月生まれ
胸囲:51.5cm
体長:40cm
体重:7.5kg

オットTさんの感想
●ビッグエディXS
ぎりぎりぱっつんぱっつん。
かといってSは明らかに大きすぎてNG。逆にこれくらいキツいほうが(適正なフィッティングが必要)、ライジャケとしては安心感が増します。
実際に川で泳がせてみたら、無理なく身体が動かせてました。



長さはちょうどいい感じです。



よく体に対してフロートコートの適正な長さはどのぐらいかというご質問がありますが要は胸がしっかり収まればいいのです。
あまり長さは気にしないで大丈夫。長すぎよりは短めのほうがいいんです。

●スワンプクーラー XS
こちらはジャストサイズ。ほんとにぴったり。同じメーカーのものでもアイテムによって微妙に大きさが違うんですね。



スワンプクーラーを含むコート類は少し長めでも大丈夫。
胸囲に関してはかなり融通がききますのでセンターの長さで判断していい場合が多いです。
大体前脚を上ったあたりからコートが始まって理想的にはシッポの付け根±3m以内ぐらいまでカバーされるのが理想的。
メジャーで測ってどの辺までコートが来るかシミュレーションしてみましょう。腰がまったく隠れないのはちょっと短すぎだと思います。



Vol. 6 ラブMixのLALとG・シェパード GLANZの場合。
愛知県の黒ラブミックスのLALちゃんとG・シェパード GLANZくんのケースです。
ポーテッジとスワンプクーラーのレポートを頂きました。

LALちゃんは多くのレトリーバーたちと同様Mサイズになりました。胸囲は78cmとがっちりめで、胸のパネルにそれほどゆとりはありませんが長さはちょうどいいですね。
オーナーさんもおっしゃる通りこれをLにしちゃうと後ろ腿にかかってしまいそうです。

一方のGLANZくん。
サイズを見ると当店のトノと各パーツの数字は近いです。(でもトノよりずーっとりりしい!)G・シェパードは多くのコが骨格も大きく、筋量、胴の長さもかなりあるのでXLになるケースが一番多いです。

レトリーバー犬種だと男子と女子で体格差がかなりあるようですが、G・シェパードは性別にかかわらずXLの場合が多いようです。何といっても胸が深いので胸囲をしっかり計測されることをお勧めします。

■LAL(ラル) 黒ラブmix ♀
2000年10月27日生
胸囲:78cm
体長:59cm
体重:26kg

■GLANZ(グランツ) Gシェパード ♂
2005年10月20日生
胸囲:85cm
体長:72cm
体重:39kg

オーナー: yokoさん
●ポーテッジ・フロートコート
yokoさんの感想:
ラルはMサイズ、グランツはXLサイズを購入しました。
着せた時の感想はウェブ上で見るよりも厚みがあり、だけど体によくフィットするな~、さすがラフウェア!でした。

前のパネルの重なる部分が、犬の体に沿った所で折れるようになっていたり、お腹部分のテープで長さ調整する所の余ったテープは巻いて収納出来るのでぶら下がったままにならなかったり、細かい所に行き届いたいい商品だと思います。
夏、これを着せて湖に泳ぎに行くのが今から楽しみです!



腕のところのカーブの開き具合が丁度いいです。
前のパネル部分は、どちらもマジックテープ同士がきれいに重なり合っている状態です。
泳ぐ時は後ろ足を曲げる訳ですが、後脚を曲げた時にコートが邪魔にならない丁度いい長さです。



グランツの場合、長さはジャストサイズなのですが、幅に少し余裕があります。
これがLだと長さ、幅ともに足りないだろうな~と思います。



お腹を包む部分がだいぶ重なり合います。テープもほとんど詰めた状態です。



ラルの場合、長さはジャストサイズなのですが、幅が若干足りないかな?という感じです。
だけどこれより上のLサイズだと、長さが長くなり過ぎて泳ぐ邪魔になるかな~と思います。



重なり合う部分がなく、テープもほぼ伸ばした状態です。

●スワンプクーラーXLサイズ(GLANZ)
yokoさんの感想:
昨年の夏はこれが本当に重宝しまして、大活躍でした!
日中の普段の運動程度の時間(2時間)だと、チャージせずに帰る頃にほどよく乾いてる状態でした。

欲を言えば、もう少しお尻まで隠れるくらい長いといいな~と思います。
着せてボール投げや訓練をしていましたが、ズレたりする事なく快適に動けてました。そして、とにかく軽いです!使用後、ジャブジャブと洗って脱水せずに干しても、すぐ乾きます。



生地が柔らかいので、動きを妨げません。
お腹の部分は短くなっているので、男の子にはうれしい作りです。



Vol. 5 MかLか、それが問題なのだ。マルクはLにしました。
レトリーバー犬種はラフウェアのコートの型は合いやすいのですが、MとLで迷う場合が多いです。

大体20kg台のコならM、30kg台前半はLのことが多いのですが、近年はその狭間にあたる20kg台後半(28kg~32kgぐらい)の体格のコが一番多いようです。
そうするとMかLかで悩むことになるんですね。

雪遊びには使いやすくて人気のクラウドチェイサーは、あまりゆるくては隙間から雪が侵入しやすくなりますし、伸縮性があるのでどちらかというとぴったり目のフィットのほうがいいタイプのコートです。

でもこれがオンラインでは非常に難しい。
人間の服で考えてもタイトなフィットとぱつんぱつんというのは違います。
こういうぴったりしたウェアこそ本来的には実際の試着がモノを言うのですが、なんせオンラインはそれができませんから・・・。
ある意味とてもサイズ選びが難しい商品です。ただ伸縮性があるだけに融通はある程度きくんですけどね。

マルクはがっちり立派な体格のフラットで、まさにこのハザマ組(?)。決めては胸周りです。
胴は決して長くない、けど胸が厚い男のコらしい体つきのマルク。
(人間の男子でもモテるタイプです!)Mも大丈夫かなと思いましたが、MとLはかなり大きさは差があります。
胸あたりがきつくなりそうだったのでその辺をメールでご相談の上Lをご購入いただきました。

詳細な数字入りの写真をいただきましたので(ありがとうございます!)同様のハザマ組はぜひご参照のうえ入念にご検討くださいねー。

■MARK フラットコーテッド・レトリーバー ♂
2002年5月10日生まれ
胸囲:82cm
体長:63cm
体重:33kg (ヌード写真に寸法記入してます)

オーナー: マルクまま
マルクままの感想:
実際の雪遊びの場でまだ着用していないので動きやすさとか詳細はレポートできません。
でも、最初のサイズ選びの時、胸囲でMにしようかLにしようか悩みました。
最終的に Lサイズを選びましたが正解だったと思います。
思っていた以上に伸縮性があって、胸囲は相応にフィットしています。
ただ、前脚の付け根にしわがよるのが気になります。
これが実際に遊ぶ時に動きにどう影響するか気になっています。その点は、また雪遊びに着用した後でレポートさせてもらいます。



生殖器までの距離は男のコは重要です。
クラウドチェイサーは少し長めにできてるんですよ。マルクはギリギリセーフ!(by サトー)



前から見るとやっぱMじゃ無理だったというのがサトーの感想。
でも腕の付け根は予想以上に余裕がありますねえ。ゴールデンとかと比較するとフラットのほうが脚はほっそりしてるようですね。かっちょいい体型でうらやましー。(by サトー)

■MARKの使用レポ
マルクままさんより実際に雪遊びした際のレポートを頂きました。岐阜の高原に遊ぶマルク。現在闘病中ですがご家族とがんばってますよ!

ものすごい雪の中、クラウドチェイサーで快適に過ごしました。保温性はかなり優れていそうで、マルクは暑くなったのか雪の上をずるずると転げて身体を冷やそうとする始末(笑)

布地部分に雪がつかず、また内側の被毛も濡れたりせずで遊んだ後の手入れも楽でした。伸縮性のよい布は、動きも妨げず実にノビノビと走り回っていました。

ただ一つ、着用の際にジッパーのつまみをしっかり反対側に折り返してストッパーを利かせておかないと激しい動きによってジッパーが開いてくる点が注意事項でしょうか。(下一枚目の写真ご参照)きちんと折り返しておけば開くことはありませんでした。

この旅に一緒に行ったお友達はみんなクラウドチェイサーでした。みんな快適そうに遊んでいましたよ。



レポにあるように動きでジッパーが少し開いています。前にも他のお客様から同じコメントががあったのを思い出しました。開いてこない様にきちんと折り返しておいてくださいね。(by サトー)



雪の中たたずむマルク。とても思い出深い旅になったそうです。(by サトー)



Vol. 4 がんもくんは旧タイプXLぴったり&ロゼちゃんはビッグエディXS・フロント少~したりない。
45kgのバーニーズ、がんもくん。いいフィット具合で旧タイプのK-9フロートコートを着ています。
がんもにとって泳ぎをマスターした記念すべき2009・夏。川でいっぱい泳いで筋肉量もアップしたそうです。

実は40kg台はほぼみんなXLになるので、それほど悩まなくて済むのです。
(とはいってもバーニーズも個体差が大きいので採寸は必須です)横から見てもいいフィット具合です。

一緒にいるお友達犬のフレブル ロゼちゃんも当店でビッグエディのXSをご購入いただいたのですが、フレブルちゃんのフィッティングでよく問題になるのはフロントパネルです。

というのも、コートの長さ的にはほぼ80%のフレブルちゃんがXSになるんです。XXSは入らないし、Sは大きすぎるので消去法でXSということです。しかし、多くのコがフロントが足りないんですね。マジックテープが届かないんです。それでもバックルがしっかりとまれば、どうにかしのげるのですが。。。

販売の経験からいってフレブル、ジャック、豆柴などの犬種は多くのコがXSですが、どうしても体が厚いフレブルだけそういう問題が発生しがちです。

ビッグエディとポーテッジを比べるとポーテッジのほうが少しだけフロントが長いので、そちらを選ぶのもお勧めです。

■がんも バーニーズ ♂
2003年10月19日生まれ
体重:45kg
胸周り:90cm
体長:68cm

オーナー: がんちゃんのオカンさん
がんちゃんのオカンさんの感想:
「生地も縫製もかなりしっかりしており丈夫で立体的な出来になっているので体が保護されると同時に一体化してジャケットが左右にブレる事がありません。
背中の持ち手も頑丈でバーニーズを水中で持ち上げても生地や胴体が変形することなく無理なく引き寄せることができます。
持ち手の形状も咄嗟にすぐ掴める形なので便利です。
他社のライフジャケットに比べ浮力も大きく安心。
また生地に水が浸み込むこともなく使用後の乾燥や片付けも簡単です。」





「前足側のテープをライジャケがぐらぐらしない程度に閉めるとテープから前方のパネルがやや開き気味になり泳いでいる間に胸側の黒いパネルの合わせの角が前足に引っかかるのか水流のせいなのか三角に少し折れ曲がり開襟シャツのようになって川から上がってきます。」
という問題点のご報告がありました。もしかすると脚の付け根が立派なコはそういう風になりやすいのかな?(by サトー)



フロントパネルが足りないのが前から見ると分かりますね。上のサイドの写真で見ると分かるように長さも胴回りもちょうどいいんです。本当はここがぎりぎりでも重なるといいんだけど・・・でもロゼちゃんイエローがとっても似合ってますね。ちゃんと使えているそうです。(by サトー)



Vol. 3 AshaちゃんはMがぴったり。
まだ成長中でSかMかご相談のあったAshaちゃん(最初「くん」ってつけてましたが、女子です!)のコート。
結局MでOKでした。GRやラブは外遊び率も高くよくサイズのご相談がありますが、大型犬の20kg台前半ってなかなかサイズ選ぶのが難しいんです。
今までの販売経験から20~28kg台のコはM、それ以上だとLが多いでしょうか。全体的に太めだと胸幅以外もひっぱられますからワンサイズ大きい方がいい場合もあります。

ラフウェアはコートの型はレトリーバーを想定していると思われ、胸幅が合えば長さやフロントも割合フィットするんで有利ではあります。

犬種によって、体型によってはどこかが足りなかったり、長すぎたり、といったことが本当に多いんです。せっかくご希望なのに「残念ながらどのサイズも厳しそうです」、というときの無念さよ・・・

■Asha 英ゴル ♀
2008年3月23日生まれ
体重:24.5kg
首周り:47cm
胸周り:68cm
体長:57cm

オーナーsachixさんのブログ(水遊びの様子満載!): Calm Air with Dog...
sachixさんの感想:「注文時にSがいいかMがいいか迷いましたので、ご相談させて頂きました。アドバイス通りMでよかったです。まだ成長期なのでこの先、サイズが変わるかもしれませんが、今のところ首も胸もフィットしています^^

もうちょっと丈が長いほうがいいのかな?とも思いましたが、元々アクティブに泳ぎ回る子なので、このくらいのほうが動きやすそうです。」



ゴールデンはレッドのほうが視認性いいかもね。(by サトー)



成長中の場合はラフウェアでなくてもとりあえず安く買えるもの(とはいっても品質は見極めて!)で、ファーストサマーをしのぐのもいいと思います。(by サトー)



よくコートの長さが問題になりますが、長すぎるよりは短い方が後ろ脚の動きをじゃましないでいいんです。
赤塚さんの漫画のおそまつくんみたいにももをいっぱい動かせます。パッと見短いようでも長さはこれぐらいでちょうどいいと思いますよー。(by サトー)



Vol. 2 長さ優先でS! レノンくんの場合。
キャバリアのレノンくん。
最初胸幅などからXSをご購入いただいたのですが、やはり長さが足りないということで再度Sを購入していただいたケースです。

スワンプクーラーなどコート類の場合、2サイズに渡って胸囲が対応する場合、密着する小さめサイズにするか、長さ優先で大きめなほうにするかというのは悩まれる方も多いようです。

小さめ→●密着するのでカバー出来ている部分は熱を吸収しやすい。●ガバガバした感じにならないのですっきり見える。●カバーする範囲が少ないので冷える範囲が小さくなる。

大きめ→●たっぷりカバーするので背中の熱を十分吸収できる。●密着しないので垂れさがる率が高くなる下側は体表からの熱の吸収が低くなる。●見た目がちょっともっさりしちゃう。

XS→Sに変えてオーナーさんが散歩に使った際の感想:
「XSサイズを使用していた時は、すぐに舌を出して、息が荒くなっていましたので、「あまり効き目がないかな~」などと感じていましたがSサイズ使用の散歩では、かなり長い時間 快適に歩いていました。やはり、お腹の部分がxsに比べて大きく隠れるので、下からの熱気を感じずに済むのかもしれません。」

■レノン キャバリア ♂
体重:10.3kg
首周り:47cm
胸周り:54cm
背丈:40cm

XS着用の場合



首から胸にかけてはきれいに納まっています。でも丈が足りないからコートから出ている部分が冷えないでしょうね。(by サトー)

S着用の場合



たっぷりとカバーされていますが、胸元や前脚付け根は浮き上がってしまって大きすぎる感は否めないかな?
これはドライな状態の写真なので濡らすともうちょっと下に重みで引っ張られるでしょう。(by サトー)



濡らした状態。濡らすと水分の重みで背中側は密着するけど腹側は更に下がってしまいます。

どちらを選ぶかは好みや体型によりますが、機能商品ですからどちらかというと大きめを選んだほうが冷やす面積が広くなりいいかもしれません。

冷やしが一番、見た目二番!(by サトー)



Vol.1 3頭とも結局Lサイズでした。ゴルゴル軍団!
こちらはみなさんにお願いするにあたってまずサンプルとして紹介させてください!とサトーが無理やりお願いしてお客様に送っていただいたデータでーす。

ちなみにお客様はすてきなワンコグッズのお店「Santa&Kiri」の店長さん。大型犬にぴったりのシンプルなボーダーTやオーナーグッズなどハンドメイドの素敵なモノがいっぱ~い!必見ですぞ。

ムッチは一番大きいのでLで確定でしたが、キリとランはMでもいけそう、でもやっぱりL?と悩んだ末、まず1枚Lを購入して3頭で着てみました。(急いでいなくて多頭だったらよくサトーがお勧めする方法です。)

結果フロントのパネルの重なり具合からちょっと大きめでも2頭もLと決定。キリとランはほぼ同じぐらいのサイズですが、写真を見るとやっぱり身ごろはちょっと大きめ、長めです。でも前のパネルがしっかりとまることを優先しました。



■ムッチ 英ゴル ♂
2001/7/15生まれ
体重:37kg
首周り:47cm
胸周り:87cm
背丈:67cm




■キリ 米ゴル ♀
2004/6/19生まれ
体重:30kg
首周り:42cm
胸周り:80cm
背丈:57cm



■ラン 米ゴル) ♀ キリのお母さん
2003/1/24生まれ
体重:29kg
首周り:42cm
胸周り:79cm
背丈:58cm



  • 2019.07.04
  • 15:41

ラフウェア フィッティングラボ Vol.11~Vol.19

 Vol. 19 レトちゃん・クラウドMとアプリルちゃん・オーバーコートLサイズ。問題なしのフィットでたまには色のお話。
クラウドチェイサーのMを着用のラブラドールのレトちゃんとオーバーコートのLサイズを着用のジャーマン・シェパードのアプリルちゃん。レトはゆったり目、アプリルはジャストでどちらもばっちりいいカンジ!
黒いコートにレッドがよく映えています。

皆さんウエアの色ってどうやって決められますか。
女のコ色→レッド系、男のコ色→ブルーやグリーン系みたいなものが選択のベースにある場合も多いと思います。
人間用ウェアならこの観念に縛られなくても犬ウェアにおいては譲れない、って場合が多いようです。犬は見た目でパッと性別が判らないので視覚的にアピールすることが時としてトラブル回避に役立ったりするのかな。

そしてこれ、実は大型犬のオーナーさんほどこだわられることが多いのです。
小さい犬種のオーナーさんは男のコでもピンクとか女子にもグレーとか自由に選ばれることが多いんですね。
色の分量の問題か、はたまた前述のトラブルの可能性×体重がそうさせるのか。

レトちゃん、アプリルちゃんのようなダークなコートの犬種のオーナーさんがよくこぼされる暗い場所(森の中とか)や夕暮での愛犬の視認性の悪さ。
やはりこういう場合は男子女子問わず少しでもビビッドで明度の高いレッドのほうが安心ですよね。

(個人的な好みですが)視認性を無視すれば、黒のコートにグレーのウェアみたいな組み合わせもソリッドでかっこいいと思います。
サトーはかわいく見せるよりもかっこよく見せたいほうなんです。

ラフウェアは頻繁に色やデザインのリニューアルがありますが、人間用アウトドアウェアのデザイントレンドを犬用ギアにうまく反映させてるんですね。
レッドといっても彩度や明度は様々、流行のトーンは刻々と変化します。犬用といえどその辺の最新トレンド事情もしっかりフォローしているのがラフウェア。
その点においては唯一無二のブランドというか、マーケットの中でも抜きんでていると思います。

もちろんコート類はそんなに頻繁に買い換える必要なんてないです。でもどうせ買うなら「なーんかかっちょ悪い」、なんていやじゃないですか。
新調しようと思い立ったときデザインも機能性も最新のモノが入手できれば一緒のアウトドアが更に快適でキブンあがる、ってわけです。「ウチのコ、チョーかっこええ!」は重要!

■レト ラブラドール・レトリバー ♀
2003.8.30生まれ
胸囲:69cm
体長:55cm
体重:20kg

Letomamaさんの感想
●クラウドチェイサー M
ピッタリで着崩れもありませんし、胸部分は収縮性のある生地なのでフィット感抜群です。





■アプリル ジャーマン・シェパード ♀
2007.4.9生まれ
胸囲:93cm
体長:73cm
体重:36kg

Letomamaさんの感想
●K9オーバーコート L
しっかりした生地で身体を覆う形でスマートにフィットしています。着崩れしないのがカッコ良いです。







Vol. 18 ウェストくっきり!リサちゃん・ウェブマスターハーネス(新バージョン)Sサイズ
甲斐犬と洋犬のミックスと推測されるリサちゃん。
(「リサ&ガスパール」のリサから名づけられたそうですよ。)
レスキューのライフボートさんから生後3か月ほどでリサパパさんに引き取られたそう。
凛々しい顔とスレンダーなボディを併せ持った美女であります。

ハーネス抜けが悩みの種って話はよく聞きます。
ステップイン型等の頭のすぐ後ろ・肩上を支点にリードをつなぐデザインはオーナーが先に立ち、犬が後ずさると子供のセーターを引っ張って頭から脱がせるような状態で抜けちゃうわけです。
癖のあるコは頭を左右に動かしながらすくめて、実にうまく抜けます。
着脱は楽なデザインですし前方に向かって普通に歩いている分にはもちろん問題ないのですが・・・

怖がりなコ、後退する動きの多いコ、脱出プレイを楽しんじゃうコ(いるんですよねー)にはストラップが胸、腹と2本あってリードの接続位置が肩より後方のウェブマスターは抜けにくいのでお勧めです。

腹のところでもしっかりとフィットさせておけばいっそう安全です。
胸と腹のストラップは同じ長さですのでリサちゃんみたいに胸と腹のサイズがかなり違う体型の場合は腹のところも大きすぎないか確認してみてくださいね。

■リサ ミックス ♀
2012年現在 推定7歳
首周り:32cm
胸囲:61cm
胴囲:41cm
体長:50cm

リサパパさんの感想
●ウェブマスターハーネス S
3ヶ月位の時に家に来てから現在は7歳になりますが、小さな頃からたいへんな恐がりで、散歩中に車や踏切の音に驚いて急に逃げようとしたりでかなり大変な思いをしています。
リサにとってはハーネスは非常に重要で、常に良いものを探し続けています。今まで3~4種類トライしましたが、なかなか良いものがありませんでした。

今回のウェブマスターは、3か所(首、胸、腹)で支持しているのでかなり安心です。
以前のものは2か所のみで支えていたため急に外れた時など何回かヒヤッとさせられました。
特に細身でお腹のくびれがあるわんこには3点支持はとても良いと思います。また5か所で調整できるので体にぴったりと合わせることができとてもいいですね。








Vol. 17 マッチョでかっちょいい・くろべえくんはスワンプM。
くろべえくんは数字を見ると一見した印象よりずっとマッチョ!
ビーグル、バセットハウンド等の犬種は体高がそうなくても胴は大型犬並みにがっちりしていることが多いのでサイズ検討時は要注意です。

夏になるとお問い合わせも多いスワンプクーラー。
Mサイズは大雑把に言うと20㎏前半のラブあたりがフィットする目安ですがくろべえくんのようながっちりタイプだとやはりMになることがあります。
オーナーのprecoさんも少し胸をご自分で詰めてカスタマイズされているとのこと。みなさん器用でうらやましい!

■くろべえ ミックス(ビーグル&アメリカンフォックスハウンド) ♂
2009/9/27生まれ
首周り:44cm
胸囲:66cm
体長:55cm
体重:21kg

precoさんの感想
●ウェブマスターハーネス S
くろべぇは、結構、胸板厚いマッチョ犬です。
なので、興味をそそる物を発見したときなど物凄いパワーで向かって行ってしまいます。人のいるところへ出かける時など、背中にハンドルの付いた作りのラフウェアのハーネスはとても有り難いです!!






●スワンプクーラーS
胴がちょっと長めなくろべぇさんなので、冷却を第一に考えてスワンプクーラーはMを選んでみました。
長さはちょうど良いかなと思うのですが、胸囲がちょっと大きめだったので、胸側を手直ししてみました。
猛暑の今年には、必須アイテムとなっています。





Vol. 16 巻き尾問題も検討要!ヤマトくんのSサイズ4連発。
きれいな目をしたりりしいヤングガイ、ヤマトくんのコート姿4連発です。
サイズは全てSサイズこのぐらいの体格のレンジ(14~16kg前後)の体格って国内のミックス犬たちには比較的多いんで大いに参考になると思いますよ~。
全体的にSサイズでなかなかのフィット具合です。

オーナーのkugayaさんが触れてくださった尾の形とコートの関係。くるりんとした立派な巻き尾の場合は長めの丈を選ぶと裾がかかってしまうことがあります。

よく考えたら尾の形についてはサトーもお問い合わせを頂いたときに確認はしていなかったなあ。(

反省)かといって単純にひとつサイズダウンすると全体が小さすぎちゃいますから、難しいところです。

で、そんな場合コート類は種類によってはカスタマイズもあり、なわけです。
コートは切ったり縫ったりしても安全性に影響ないですから腕に自信のある方はやってみてくださいね。
ちなみにカラーやハーネスなど縫い目に負荷がかかるタイプの商品は家庭用のミシンではやらないほうがいいです。

ヤマトくんのクラウドチェイサーは脇をシャーリングにしてあります。ふむふむ。これもいい方法ですね。ご参考に
■ヤマト ハウンド系ミックス ♂
2009・12・1~
首周り:30cm
胸囲:60cm
胴囲:46cm
体長:53cm
体重:16kg

一見すると和犬風ですが、全体的に肉付きが薄く幅が細いハウンド系ミックス。
柴犬より一回り大きくラブより小さい、雑種ではポピュラーなサイズ。体長はやや長め。
kugayaさんの感想
●ビッグエディ S
肉が少ない体質だからか、初泳ぎの時には犬自身の浮力では沈む一方で、かなり助けられました。

ハンドルが掴みやすく簡単に持ち上げられるので、泳ぎの練習には欠かせません。前面のパネルはマジックテープがピッタリ重なっています。お腹側はかなり締めている状態ですが、持ち上げる時にクッションになるので悪くありません。浮力はバッチリで、たとえ泳ぐ事を放棄してもプカプカ浮いています。





●スワンプクーラー S
こう見えて暑さに弱いので、夏場の散歩には必須のアイテムです。スワンプクーラー無しだと15分もすればギブアップでしたが、これを着ているとしっかり2時間は歩けます。
以前は似たような素材の首周りを冷やすバンダナを使っていましたが、こちらは体全体が冷えるため断然快適なようです。

やや短かったかな?とも思いましたが、首周りが細いため肩に引っかけて着ている状態で、それでも肩周りにゆとりがあるのでMだとガバガバになりそうです。
サイトハウンド系の細々とした体型には合いにくいかと。
それと、他のコート類にも言えることですが、巻き尾など尻尾が常に高い位置にある子は丈が長すぎると尻尾に引っかかって浮き上がってしまう(またはめくれてしまう)ので要注意。
グルグル巻き尻尾のヤマトでも、ときどき尻尾が服の下に潜り込んでしまいます。



●サンシャワー レインジャケット 
軽くて着せやすく、しかも結構しっかり雨からガードしてくれる頼りになるレインコートです。
激しい夕立に降られた事がありましたが、足が少し濡れただけで驚いたくらいでした。

ほぼピッタリフィット。ただし前述の通り歩いているうちにずり下がってくるので、尻尾の付け根で2cmほど折り畳んでやるとちょうど良い長さになります。

作りはシンプルですが、肩と腰部分が傘のように広がって足も濡れにくいです。
フードに押される形で立ち耳が下向きになり、水が入りにくいのも嬉しいポイント。





●クラウドチェイサー S
防寒はもちろん、小雨の日に着せたり、汚れ防止にも役立っています。

前半身はちょうど良いですが、体が細くて毛もペタッとしているのでウエスト周りは隙間があります。
まだ一歳なので、もう少し筋肉が付けば良い感じになるかと期待しています。やはり胴周りがしっかりしている方がピチッと着られますね。

一つ問題点として、このままで排泄もできたのですが、ちょっとした加減で触れてしまうのか濡れていた事が何度かあったので、5cmほどギャザーで寄せたら汚れなくなりました。

大丈夫に見えても実際に試してみないと分からないので、お出掛けなどでいきなり着せると失敗するかもです。








Vol. 15 ミックスのコは採寸をしっかり!出来れば写真も見せてください。はなちゃんはXSです。
個性が素敵なミックス犬たち。

はなちゃんは(偶然Vol. 14からはなちゃん続きです)採寸が苦手みたいですね。当然ながら平均的な体格は想像しづらいので、是非ご家族でがんばって採寸してくださいねー。

あとご相談いただく際は数字と一緒に全身が写った写真などを見せていただくと(なるべく横から全身を撮ったもの)すごく参考になります。

はなちゃんはぱっと見るとSぐらいかなと思うのですがXSで雪遊びにはぴったりでした。

■はな 雑種 ♀
2002.8.4
胸囲:約58センチ
体長:約42センチ
体重:10kg

はなかぁちゃんの感想
●クラウドチェイサー(XS)
情けないですが、うちのはなは、メジャーで計らせてくれません。
いつも着ている服を計って、サイズを選んだので心配でした。
最初に着せたときは、ファスナーを閉めるのがきつくて、「わぁ~、これはサイズ選択失敗か!」とがっかりしましたが、店長さんの「ぴったり!」の声にホッとしました。

少しわき腹の方から引き上げるとファスナーを閉め易いです。何回か着せると要領がつかめると思います。

雪遊びが大好きなのに、アトピーで毛が薄くなったのと、歳のことを考えて思い切って買いました。
寒さに震えることもなく、ご機嫌で遊ぶ姿を見ると買ってよかったです!
背中、お腹が濡れないので、雨降りキャンプにも着せてみようと思ってます。



結構胸囲と腹周りの差がありそうなメリハリ体型のはなちゃんです。長さは短めですがこのぐらいでもOKですよね。






Vol. 14 個性的な体型はサイズ選びも気をつけて。コーギーのポルカちゃん、フレブルのはなちゃんはXSです。
これだけいろいろな体型がある犬の服のサイズ展開がざっくりS・M・Lってどう考えても無理がある・・・と思います。
でもまあ生産側としてはしょうがないわけですよね。
んで、型は多分一番平均的な体つきの犬種から起こしていると思われます。
だから個性の強い犬種にはどっかが長かったり短かったりするわけです。

選ぶのが難しい代表はグレイハウンド、ダルメシアン等の胸が深く胸囲と腹周りの差が大きい犬種、コーギーやバセットハウンド、ブルドッグなど胴が大きく脚の短い犬種、とかでしょうか。
胸に合わせて選ぶと腹側がもたついて邪魔だったり、袖丈がちょうどいいと胸が入らなかったりしますのでよくよく検討が必要です。

あ、でもコーギーに関してはクラウドチェイサーの長さがあまり問題にならなくてその点はちょっとトク(?)なんです。

困ったら検討に検討を重ねてじっくり選ぶしかないです。
勿論サトーもご相談にのりますし、昨今は実際に着ているコの写真を紹介しているブログも多いので検索して行ってみるのもお勧めです。
ついでにサイズの件お聞きしちゃうのもいいんでは。

そんなちょっぴり選ぶのが難しい犬種の代表としてポルカちゃん、はなちゃんのご紹介。
2頭とも全てXSを着用。ばっちり合ってます。

■ポルカ コーギー ♀
2008/9/20生まれ
体重:10.5kg
胸囲:52cm
体長:45cm

ポルカパパさんの感想
●クラウドチェイサー・ウェブマスターハーネス(XS)
クラウドチェイサーは着させるときには、かなり体の部分がきつい感じで、強く引っ張ってファスナーをしめました。
前足の穴の位置が合っていないのか、最初は、すこし歩きづらそうでした。ただし、その後は、よく動いていたので、慣れれば大丈夫だと思います。





■はな フレンチブルドッグ ♀
2008/4/16生まれ
体重:8~9kg
胸囲:52~53cm
体長:32cm

はな親方さんの感想
●クラウドチェイサー(XS)
サイズがうちのワンコの体型に合うか思案しましたが、気になっていた『クラウドチェイサー』を入手しました。
着丈が若干長く排泄の際にウンチが付く感じなので短くする事にしました。
自分では直せないので、洋服の直し屋さんにお願いして着丈をファスナー含め全体的に3cm短くしてもらいました。

胸からお腹全体カバーできて、ピッタリフィット・ジャストサイズになり雪の中おもいっきりラッセルして暴れ回っても雪が入って濡れることもありません。
冷たい強風からも守ってくれて気兼ねなく冬の散歩を楽しめます。
このコートだけという事ではありませんが、短毛犬なので裏のフリースに抜けた毛がいっぱい付くというか刺さってキレイに取除くのは大変です。パッと払えば毛が落ちるような素材と丁寧な作りの製品を・・・今後に期待したいです。

サイド・腹側ともに左がオリジナルの丈、右が丈詰め後です。







●ウェブマスターハーネス(XS)
はな親方さんの感想
写真の状態で調整箇所にまだ余裕がありますので、クラウドチェイサーなどのコートを着た上に十分着用可能です。







Vol. 13 コートが長いと余計きつく見える??ぴったりフィットで雪遊び満喫のシェリーちゃんです。
クラウドチェイサーがどのフィットはこちらでもいろいろなケースをご紹介しましたがやっぱり最初にご購入になるときは不安になられる方が多いみたいです。
シェリーちゃんのオーナーさんもしかり。ご購入後お電話でご相談があった時点ではこんなぱつんぱつんではヘンではないか!とご不安に思ってらっしゃるようでした。

その後お写真を送っていただき、サトーが見た感じではちょうどいい旨をお伝えしたんですが、多分「それでもなんだかやっぱり変じゃないかしら・・・」と思われていたようです。
でもレポートにあるように実際に雪遊びで活用したら使いやすくサイズも適正だとご納得のようでサトーもほっとしました。

これ、実はありがちなパターンなのですが長いコートの犬種や首回りが張っていない犬種は飛び出している部分とコートの下の締まって見える部分のコントラストが強く見えるので視覚的にどうしてもきつそうに見えるようです。その辺もよろしくご検討くださいね。

それからご感想にもありますが着脱のときは毛や肉を挟まないようにくれぐれもご用心です!焦ってはいけません。

■シェリー シェルティ ♀
1997年7月生まれ 13歳
体重:7kg
胸囲:ピッタリで53cm(毛の余裕を持たせると55cm)
体長:39cm

Mammyさんの感想
●クラウドチェイサー(XS)
雪遊びの時の寒さと雪玉対策のために購入しました。
初め、試着をさせた時はあまりにピッタリ過ぎて窮屈そうに見えました。
(明らかにピチピチで横じまが出る感じ)そこで写真を撮って店長さんに見ていただいたところ、このウェアはこういう感じがベストとの事。

少々心配でしたが、北軽井沢で雪遊びをした時に着せました。
本人、凄く動きやすそうで雪の中を爆走。
天気は雪で気温は-5度でしたが、震える事もなく5時間ほどの雪中行軍を楽しみました。翌日は晴れでしたが、気温は前日と同じく-5度で強風。
寒さからしっかり守ってくれました。

もう一つの目的の雪玉…
何時も大変な事になるお腹周りがしっかりカバーされるので大丈夫でした。
出ていた足の部分は雪玉が付いてしまいましたが…女の子なので排泄は問題ありません。

雪遊びの時には最高のウェアだと思います。
ただ、毛が長い子は、着せる時ファスナーに毛が挟まるので注意が必要です。
試着をさせた時、挟んでしまい毛を切って脱がせました。他の方が書かれているファスナーについては全く問題ありませんでした。また次回の雪遊びの時も着せたいと思っています。







Vol. 12 ダルのコカン問題withクラウドチェイサー。男のコはご用心の巻。
当店の看板犬、ジャックラッセルのダルはクラウドチェイサー、実はあまり似合いません。
多分頭が大きくて脚が短い体型、おまけに首回りにもさもさっと毛があるのでピタッとしたチェイサーを着ると胴と頭のバランスがミョーな感じに見えるんでしょうねえ。

そして決定的な問題がひとつ。XSがぱっつんぱつんなのに丈が長すぎるんです。

胸幅が50cm~51cmぐらい、体長は40cmほどでかなりマッチョ。
胴と脚は短めなダル。完璧に局部がカバーされちゃっております。要するに「お■ん■ん」が表に出ないわけです。

クラウドチェイサーは商品ページにもしつこく書いてありますが、体熱を逃さないように、また雪のなかでの使用を想定して、丈は長めです。
ダルのように太めのハムみたいな体型の♂は要注意です。

正直言って胴のつまった太めの男のコ、ブルドッグなどはいいフィットを得るのは厳しいことが想像できます。

レッドとグレーの入荷を機に腹側の長さを記載しましたのでご面倒でも照らし合わせて参考にしてくださいね。

ダルはこのフィット感だとXXSはまず入りませんし、Sだとさらに長くなってもちろんNG。
おまけにマーキングしたがりですから、長時間着せるのは難しいです。うーむ。
こういう場合は前にも書きましたがめくって縫いつけてしまうか、あきらめるか・・・

■ダルマー ジャックラッセルテリア ♂
2004年7月生まれ
胸囲:51.5cm
体長:40cm
体重:7.5kg





な、なんだか・・・宮崎駿さんのアニメのキャラみたいです。
首回りの毛がすごいんで・・・



問題の股間であります。→のところにダルのイチモツ。う~ん。



Vol. 11 成長してちょっぴりちっちゃくなってきちゃったかな?レアちゃんの場合。
山へ、水辺へ、そしてポインティングドッグとしての本領発揮で猟へと、オーナーさんとアウトドアを満喫しているブリタニーのレアちゃん。

レアちゃんが1歳~2歳ごろにご購入いただいたフロートコートとクラウドチェイサーがその後の成長もありちょっと小さくなってきた・・・でもまだまだ活用していただいてるというご報告です。
運動をたっぷりしていて締まった体つきが美しい!気力体力の充実した3歳、アウトドアが一番楽しいころですよね~。

体長と体重がこのあたりのコは結構サイズ選ぶのに迷うあたりなので是非参考にしてくださいね。
胴の大きさだけでいったらボーダーコリーとかミックスに近いコ多いんじゃないでしょうか?

ブリタニーって脚長で体高がある割に胴の骨格はコンパクト・胸は深くないからXSがぎりぎり入ってます。
確かにフロートコートはかなり短いですね。Sに切り替えてもいいかも・・・でもフロントはしっかり留まっていて、この辺がむずかしーところです。

よくフロートコートの適正な長さに関してご質問がありますが長すぎると水の中で旋回したりするときに抵抗が大きくなると思いますし、あんまりメリットはないんです。
ただハンドルを使う場合は体に対してのバランスがありますのでその辺は兼ねあいですね。レアちゃんの場合はその点においてワンサイズアップしたほうがいいのかなといった感じです。

クラウドチェイサーの場合は女子は少し長めでも大丈夫なのでSに切り替えてもいいと思いますが写真で見るとこれはこれでいいフィット具合です。
雪の中でたくさん走る場合はXSのほうが雪が侵入しにくくていいのかなあと思います。

■レア ブリタニー(仏系) ♀
2010年8月現在 3歳
体重:12.5kg
胸囲:58cm
体長:48cm

レアパパさんの感想
●K9フロートコート(XS)
1昨年(2008年)購入。
レアは1歳でした。泳いでいる写真は2008年に本栖湖に行ったときのものです。
その頃は、あばら周りのストラップも現在の写真よりはもう少し締めることができていました。パツパツではありますが、ジャストフィットという感じでした。

2年ぶりに今年再び本栖湖で着用させたところ、胸囲が大きくなったのか(その頃は胸囲56cmくらいだったか?)胸のフロントのストラップはほぼ最大に伸ばした状態。
腹のパネルがほとんどまわっていません。ぴちぴちでしたが、泳ぐのには全く支障はありませんでした。

長さも短めですから、もしかしたら今はSサイズのほうが良いかもしれませんね。




フロートコートの場合はハンドル位置はもう少し中心にあったほうが引き揚げるときのバランスはいいでしょうね。
買い替え時かな?(by サトー)

●クラウドチェイサー(XS)
昨年(2009年)購入。
主に猟に出るときに着させていました。
猟犬でこのようなものを着ているワンは全く見ませんですが、フィールドにたくさんある引っ付く草の実防止のため着させています。レアのような毛質にとって、あれ(特にラグビーボールみたいなもの)はくっつくと厄介なのです。
サイズはジャストフィット(若干きつめの印象)です。

雪の中の写真のように、遊んでいると少し全体的に後ろに引っ張られるのか、首の部分が広がってくるようです。
Sサイズだとそういうことがなさそうですが、コート長が少し長くなってしまうかもしれませんね。
レアは女の子なので、長めでも大丈夫かな? お腹のほうもあの嫌な草の実がつかなくて良いかも。

(余談ですが)他の方も書かれていますが、ジッパータブをきちんと畳んでおかないとジッパーが開いてくることがあります。
いつだったか、猟のとき、こちらに向かって走ってくる途中で急に角を曲がり見えなくなったと思ったら、一瞬でクラウドチェイサーを脱ぎ捨てて裸(?)で飛びだしてきたことがあり、大笑いしました。






締まったボディなのでこのぐらいピッチリとしていてもいい感じです。でもSでもいいかなあ。難しい!(by サトー)

Vol.1~10はこちら!

ご利用に関してのお願い

当店では犬が直接着用する商品(カラー、ハーネス、ウエア等)は初期不良以外、未使用・未試着でも交換・返品は一切承っておりません。大変ご不便をおかけしますが宜しくお願いいたします。

こちらをクリックして
ご一読・ご了承の上ご利用ください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送・メール送信休業日

●土曜日・日曜日は定休日となっております。赤いマスは臨時休業日です。
●休業日はご注文確定メール送信、お問い合わせの返信等全ての業務をお休みさせていただきます。ご注文の発送は翌営業日以降になります。

ページトップへ