カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

小雪★よしきの「ラフウェア使ってみました。」Vol.13・14

Vol. 14 ラフウェア K-9 オーバーコート

が降り、僕たち人間が寒い寒いと言って表に出たがらない今こそ、犬たちが喜んで遊ぶ季節です。

いくら寒いと言ってもダウンを着込み、毛糸の帽子と手袋さえ着て愛犬と遊んでいると汗をかいちゃいます。冬は犬たちと遊んだり、キャンプしたりするのに最高の季節です!

っていうかキャンプ冬にキャンプそう。キャンプです。最高です。

犬は体温も高くて暑がりです。だから普段遊ぶときはクラウド・チェイサーを着させて、キャンプしてテントの中で暖まりたい時こそオーバーコートの出番でしょう。オーバーコートはゴムバンドを取り入れることで胴の部分の調整幅も大きく、細身の小雪にもぴったりとフィット。体温を逃がさないようになっています。

クエンチャーの水も凍る夜、オーバーコートを着て、足下でぬくぬくと眠っている小雪は最高の湯たんぽがわりです。

小雪ちゃん in snow

湯たんぽちゃん。もとい、小雪ちゃん。防寒用の犬のコートってナイロンシェルがばりばりしたものもあるけどK-9オーバーコートはしなやかでおさまりがいいんですよ。犬も違和感が少ないと思います。

小雪ちゃん in snow小雪ちゃん in snow

鼻が冷えちゃった?広い場所でもレッドは目立つのがいいですね。

小雪ちゃん in snow

こんな風に先に行った犬が振り返って自分を確認しているとき、一緒にいることのシヤワセを感じますよね〜。アウトドアで遊ぶことで絆が深まるってホントだろうなあ。

Vol. 13 ラフウェア クラウドチェイサー 

ラフウェア クラウドチェイサー

雲を追う者』というイカした名前を冠するソフトシェルです。

簡単に言うと最大の特徴である透湿性に加えて防風性と撥水性、そして伸縮性があるジャージってところです。(ソフトシェルに対してハードシェルというのもあるんですけど、ハードシェルっていうのは、透湿性は多少犠牲にしても防水性の高い素材で作られているものを指し、合羽に近いものです)

ジャージで大丈夫?」と思うのは当然ですが、これを使う雪山では雨が降らないことが前提となります。雪山で、僕自身が雪山で愛用するのはパタゴニアのソフトシェルなんですけど、その理由は涼しいから。と、なると今度は「雪山で涼しさを求めるなんて…」と思うかもしれませんが、雪山で遊ぶときの基本は「汗をかかないこと、汗をかいたら外に出して乾かすこと」なんです。常に体温を一定に保ちやすいソフトシェルを選ぶことは、人にとっても暑がりな犬にとっても快適な雪山生活にはかかせません。

そして、犬にとって雪山で服を着たほうが良い理由がもう一つ。それは「雪玉防止」です。小雪もニセコの山ではクラウド・チェイサーのない部分にはゲンコツくらいの雪玉がいくつもくっついていました。深い雪で一日遊んでいると毛の長い犬種は体中が雪玉だらけになっちゃうので、少しでも雪の付着を防ぐためにクラウド・チェイサーの着用をオススメします。

小雪ちゃん in 北海道

大雪の中を走り抜ける小雪とはこれいかに〜。走っとるねー!今回の北海道ではチセヌプリ、ニトヌプリ、アンヌプリ、もう一度チセヌプリと登ったそうです。毎日小雪ちゃんも一緒!

小雪ちゃん in 北海道

チキンラーメンを食すよしきボスの邪魔はしないよいコの小雪嬢なのであった。こんな風にクラウドチェイサーとハーネスのレイヤーもかっこいいですよね。重ねても薄手なんで動きづらくないはずです。よしきさんもリフトするのにハーネスがすごく役に立ったとおっしゃってました。

小雪ちゃん in 北海道

雪がいっぱいくっついてる・・・ちべたそうです。

小雪ちゃん in 北海道

ニセコの雪が溶けちゃうぞ、ってな小雪★よしきコンビなのでした。とてもいい旅だったそうですよ。

小雪★よしきメインメニュー

ページトップへ